05058095428

CALL US

SMモール周辺

SMモール周辺
 \   \  地域別一覧SMモール周辺
  • ジムやプールの他にヨガスタジオまで!施設充実の学校は増加中

    日々のワークアウトを大事にする人が増えるにつれ、セブの語学学校でもジムやプールなどの校内設備が充実していたり、また外部のホテルやジムと提携して生徒が使用できるようにする学校が増えています。2−3日の旅行と違い、長期で海外生活をする留学では、体調管理も快適に勉強するための重要な要素。いつものワークアウトが可能な環境だと心身ともに快調でいられます。 最近ではワークアウトの時間も組み込んだ学習コースなども出てきて、女性に人気です

    Read more
  • ベビーシッターさんも含めた親子留学プランもあり♪

    「小学生の子どもと一緒に授業を受けたいけれど、下の子どもを見てくれる人がいなくて…」。そんなご相談もよくあります。フィリピンではベビーシッターサービスはとても一般的で、留学期間中ベビーシッターも併せて依頼する親子留学のプランもあります。費用の目安は1時間で500円ほど。とはいえ、お子さんによってはママ以外のお世話に慣れていないケースもあるので、依頼の際は事前相談を綿密にしましょう。

    Read more
  • 留学は1日から可能☆ブレイクスルーを感じるには最低2週間から

    社会人の方は休みを取るのが難しいですよね。実は1日からでもセブ留学は可能です。もしずっと気になりながら行けてないなら、今度の休日にでも行ってみましょう。フィリピン人の先生と、そこで学ぶ仲間をと、直接話すことで次の計画は見えて来るかもしれません。 通常は1週間からが基本で、日曜に入寮し、月曜ー金曜が授業というのが1サイクルになります。自分の英語力に変化を感じ始めるのは2週間目からが多く、効率的な学習を考えると4週間〜で1段階上のレベルを目指すというのがオススメです。

    Read more
  • 平日は英語で勉強漬け&休日はビーチどこの学校でも両方楽しめます♡

    「リゾートも楽しみたいから海辺の学校がいいです♪」そんなご希望もよく頂きますが、セブの英語留学はそんなに甘くありません笑。1日平均8時間の授業、その後予習復習、宿題が出ることもあります。そう考えると平日は勉強でいっぱいかも^^;。その分休日はみなさんしっかり海リゾートを満喫します。なので、ビーチを楽しむ派の方でも学校の場所はセブ市内、マクタン島などそこまで気にしなくてもいいというのが一般的な意見。ただ、海辺の景色を見ながら勉強したいな♪という方には、海辺の学校をご紹介しますので、ご相談ください。

    Read more
  • 英語力UPと海外体験。両方手に入れて就活に活かす人が増えています

    最近お問い合わせが急増中の海外インターン。日本で探すのは少し難しそうですが、セブでは留学とインターンがセットで申し込めるコースもあるので興味がある人はご相談を。海外で外国人と一緒に働く経験ができるという点で、特に就活前の学生さんに人気ですが、有償インターンの場合は金銭面でのメリットも♪。そのお金で留学期間を少し伸ばしたり、逆に留学のためのお金を貯める期間を短縮できたりするのも嬉しいですね。

    Read more
  • J.CO

    大人気のドーナツ店、J.COはセブシティのアヤラモール、SMモール内に店舗を構えています。オレンジ色の目を引く看板を抜け中に入ると、お洒落なカフェのようなインテリアで色とりどりのドーナツがショーケースで出迎えてくれます。フィリピンにはDunkin’ DonutsやKrispy Kremeもありますが、それらに比較すると甘さは控え目で男性にも人気があるドーナツ店です。見た目も鮮やかなので、ホームパーティにお呼ばれの際のお土産にも喜ばれるでしょう。学生さんはテイクアウトしてお勉強の合間に分け合っても素敵かもしれませんね。また、1ドリンクでプレーンドーナツが1つサービスで付いてくるというお得な一面も◎モール内の移動でお疲れの際にちょっと一息にも立ち寄られてはいかがでしょうか。

    Read more
  • Cafe Jasmin

    コーヒー豆や挽き方にとことんこだわっているコーヒー好きのためのおしゃれカフェ。電源もありWi-fiもサクサク繋がり、勉強や仕事にもお使いいただけます。壁一面が黒板でそのデザインやおしゃれな小物から韓国人オーナーのこだわりが感じられます。フィリピン国内のバリスタ選手権で準優勝を収めたバリスタがマネージャーを務めるラテアートが自慢のお店です。凄腕バリスタの技と、ジャマイカやケニアなどの多くの国から取り寄せているというこだわりのコーヒーから、自分好みのコーヒーを見つけるのも毎回の楽しみになりそうです。

    Read more
  • ドラム缶焼肉「粋」

    オープンしたばかりの日本人オーナーの焼肉店、ドラム缶焼肉 粋(Iki)。SMモール近くのホワイトゴールドというホームセンターの敷地内に位置しています。着いてみると周りにはごちゃごちゃした建物がなく風通りのよい場所で、一杯飲みながらジュージューとドラム缶焼肉を楽しむのに持って来いの場所でした。お値段も良心的で韓国形式のサイドディッシュ付きのお肉が2人前300~400ペソ程度でいただくことができます。また冷麺やライス+スープがなんと50ペソと食べ盛りの留学生の方にもおすすめです。誰かと気軽に食事に行く際に、選択肢のひとつとして入れてみてはいかがでしょうか。

    Read more
  • カルボンマーケット

    セブ島のガイドブックには必ず載っている市場、カルボンマーケット。肉・魚・野菜・果物から花や生活用品など、生活に必要なものは何でも揃います。セブのダウンタウンに位置していて、カルボンマーケットは特に軽犯罪が非常に多い場所ですので、外国人が一人で歩いたり、夜に行くのは危険です。カメラなどを向けたくなりますが、マーケットに行くときは貴重品を持たず、細心の注意を払って歩きましょう。マーケットで売られているものは、とても新鮮で、スーパーの半額程度の値段で手に入る物もあります。また、スーパーでは見かけないような野菜や果物も見ることが出来ます。サントニーニョ教会やサンペドロ要塞から徒歩の距離にあるので、自炊のできる学校に通われている方は一度買い物に来てみても面白いかもしれません。タクシーと交渉して、マーケット内をタクシーで移動するのが安全です。

    Read more
  • SM Cebu City

    セブ最大級の総合ショッピングモールで、アヤラモールとは異なり中流階級がメインのターゲットとなっています。ここでも、留学生や旅行で来た人がほしいものは大体手に入ります。日本でいうと、イオンのような大型ショッピングモールといったところです。セブシティーよりはマクタン島寄りに存在し週末は沢山の人で賑わっています。大きすぎる施設でもあるので迷子になら無いようにお店の人やガードの人にどこにほしいものがあるか尋ねながら買い物をするのがベストです!両替所も完備しているので両替もこの施設内で行えます。

    Read more
  • サントニーニョ教会

    セブのガイドブックには必ず載っている、観光必須のサントニーニョ教会。フィリピン最古の教会そしてフィリピンのキリスト教の発祥の地として、フィリピン国内からもたくさんの人が訪れます。誰にもで開かれた教会で、信者でない観光客も歴史のある美しい教会の内部を見ることが出来ます。サントニーニョとは、幼きイエス・キリストのことであり、この教会では、イエス・キリストの幼き姿の像が飾られています。セブシティのダウンタウンに位置し、物売りやストリートチルドレンがいるため、持ち物には気をつけて歩いてください。タクシーのドライバーには「サントニーニョチャーチ」と伝えれば確実に行くことができます。

    Read more
  • Lantaw

    マクタンの南にあるクルトバ店、新SMシーサイドからすぐそばにあるSRP店、トップスより車で5分ほど手前のブサイ店の3店舗を構えるフィリピン料理レストランです。全ての店舗が海や夜景の見える眺めの良い場所に位置し、高級感のある落ち着いた雰囲気があります。完璧なロケーションで味もボリュームも満足できるフィリピン料理を楽しむことができるのですが、眺めのいい席は予約で埋まってしまうので、とっておきの日には予約をしておきましょう。クルトバ店はフローティングレストランという名の通り水上に浮かぶレストラン。SRP店は、座席数が多く開放的な空間で、昼間に訪れればマクタン島やボホール島を見ることが出来ます。ブサイ店は、トップスと同じ景色が楽しめる圧巻の夜景レストランですが、座席数は多くないので、予約をしていきましょう。3店舗ともに帰りのタクシーが拾いずらい場所ですので、タクシーにエクストラ料金を支払う約束をして食事が終わるまで待っていてもらうか、お店に帰りのタクシーを呼んでもらえるかよく確認してください。

    Read more
  • The coffee bean & Tea Leaf

    ITパークやアヤラモール、SMモールなどのセブ内に6店舗を構える、落ち着いて仕事や勉強のできるカフェです。日本でも2015年5月に日本一号店をオープンしてから続々と日本に店舗を増やして連日大賑わいのようですが、セブのコーヒービーンには、富裕層の大学生や大人が勉強や仕事に集まります。メニューは、エスプレッソから甘いコーヒードリンクまで、スターバックスと同様に揃っていますが、スターバックスに比べるとティーメニューが豊富です。Wi-Fiに関しては、コーヒービーンのポイントカードを提示するとFree Wi-Fiを利用できるというシステムになっています。カードを来店時に持っていないとFree Wi-Fiが利用できないため、よく行く方はコーヒービーンカードを常に持っています。

    Read more
  • 東京オフィス

    6F Kono Bldg. 1-11-11 Nishishinjuku. Shinjuku-ku Tokyo, Japan
  • 運営会社: 株式会社セブ社会人留学
  • セブオフィス

    25 Mahogany St. Green Plains Subdivision, Mandaue City. Cebu, Philippines