05058095428

CALL US

旅行・観光

旅行・観光
 \   \  カテゴリ別一覧旅行・観光
  • ジムやプールの他にヨガスタジオまで!施設充実の学校は増加中

    日々のワークアウトを大事にする人が増えるにつれ、セブの語学学校でもジムやプールなどの校内設備が充実していたり、また外部のホテルやジムと提携して生徒が使用できるようにする学校が増えています。2−3日の旅行と違い、長期で海外生活をする留学では、体調管理も快適に勉強するための重要な要素。いつものワークアウトが可能な環境だと心身ともに快調でいられます。 最近ではワークアウトの時間も組み込んだ学習コースなども出てきて、女性に人気です

    Read more
  • ベビーシッターさんも含めた親子留学プランもあり♪

    「小学生の子どもと一緒に授業を受けたいけれど、下の子どもを見てくれる人がいなくて…」。そんなご相談もよくあります。フィリピンではベビーシッターサービスはとても一般的で、留学期間中ベビーシッターも併せて依頼する親子留学のプランもあります。費用の目安は1時間で500円ほど。とはいえ、お子さんによってはママ以外のお世話に慣れていないケースもあるので、依頼の際は事前相談を綿密にしましょう。

    Read more
  • 留学は1日から可能☆ブレイクスルーを感じるには最低2週間から

    社会人の方は休みを取るのが難しいですよね。実は1日からでもセブ留学は可能です。もしずっと気になりながら行けてないなら、今度の休日にでも行ってみましょう。フィリピン人の先生と、そこで学ぶ仲間をと、直接話すことで次の計画は見えて来るかもしれません。 通常は1週間からが基本で、日曜に入寮し、月曜ー金曜が授業というのが1サイクルになります。自分の英語力に変化を感じ始めるのは2週間目からが多く、効率的な学習を考えると4週間〜で1段階上のレベルを目指すというのがオススメです。

    Read more
  • 平日は英語で勉強漬け&休日はビーチどこの学校でも両方楽しめます♡

    「リゾートも楽しみたいから海辺の学校がいいです♪」そんなご希望もよく頂きますが、セブの英語留学はそんなに甘くありません笑。1日平均8時間の授業、その後予習復習、宿題が出ることもあります。そう考えると平日は勉強でいっぱいかも^^;。その分休日はみなさんしっかり海リゾートを満喫します。なので、ビーチを楽しむ派の方でも学校の場所はセブ市内、マクタン島などそこまで気にしなくてもいいというのが一般的な意見。ただ、海辺の景色を見ながら勉強したいな♪という方には、海辺の学校をご紹介しますので、ご相談ください。

    Read more
  • 英語力UPと海外体験。両方手に入れて就活に活かす人が増えています

    最近お問い合わせが急増中の海外インターン。日本で探すのは少し難しそうですが、セブでは留学とインターンがセットで申し込めるコースもあるので興味がある人はご相談を。海外で外国人と一緒に働く経験ができるという点で、特に就活前の学生さんに人気ですが、有償インターンの場合は金銭面でのメリットも♪。そのお金で留学期間を少し伸ばしたり、逆に留学のためのお金を貯める期間を短縮できたりするのも嬉しいですね。

    Read more
  • Boracay

    マクタン空港から飛行機で約1時間の場所にあるBoracay島です。アジアビーチランキングでは1位になったことでも有名な海が最高に綺麗な島。ホワイトサンドのロングビーチ沿いにはカフェやバーがたくさんあり、常に盛り上がっています。特にサンセットはうっとりしてしまう程美しい。画像のサンドアートも毎日現地の人が作っています。お願いすれば名前も入れてくれる粋な計らいもGood。島には観光用のアクティビティも多く、アイランドホッピングでシュノーケリングしたり、他のビーチに行くのもおすすめ。時期によっても異なりますが、観光客をみると比較的欧米人の方が多いような印象です。セブ島に行ったらぜひこの近くの楽園にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

    Read more
  • シマラ教会

    フィリピン・セブ島のサウスバスターミナルから約2時間の場所にある巨大な教会がシマラ教会です。バスから降りてさらにバイクタクシーで10分ほど登ったところにこの教会はあります。 地元の人々には「願いが叶う教会」として有名で、その恩恵を授かった方々からの寄付により増築を重ね未だに完成しない巨大な教会。お城のようなその外観にそこだけ異世界のような感覚にもなります。 キリストの母、マリア様の教会であり、そのマリア様が奇跡を起こすと信じられています。教会にはマリア様の奇跡により救われた方々の手紙が所狭しと飾られています。色によって願いが違うキャンドルが売られているので、希望のキャンドルを買ってお祈りします。スタッフも色々お願いしてきました!貴方なら何色のキャンドルでお祈りをしますか?

    Read more
  • Temple of Leah

    フィリピン・セブ市内のJYスクエアから山の手へ登ると高級レストランや観光スポットが点在しています。その中でも比較的新しい山のスポットがこちらTemple of Leahです。山の上に突如現れる美術館のような建築物の中に入ると、セブ市内を見渡せる開けた広場があります。建築されたばかりで入場料はこまめに更新されておりますが、20ペソ~100ペソで入場できます。大きなライオンの像やセブの有名なファミリーの像が飾られており、写真を撮るスポットとしてもおすすめです。ぜひ記念に遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。

    Read more
  • Sirao Peak

    セブシティ中心地から車で15分程山道を登ったBusayという地区に、セブのクライマーが知る山の入口があります。セブシティから日帰りで山登りが可能ですので、週末に気軽に山登りをしたい方にはおすすめです。セブの山は日本の山とは異なり山道がありません。その山に詳しい友人と一緒に行くのが良いでしょう。筆者はこの山に3度程足を運んでおり、年末年始にはテント泊をして日の入りと日の出を拝み、街中で過ごす年末年始とは一味違う清々しさを味わう事ができました。装備はスポーツシューズに汚れても良い服、リュックがあれば十分です。留学やお仕事で運動不足な際、自然と触れ合いながら運動をするのも乙ではないでしょうか。

    Read more
  • Steak House Western

    マクタンのマリバゴ地区にある日本人オーナーのステーキハウス、Steak House Westernです。マクタンにはビーチやダイビングスポットが点在しており、1日遊び疲れた空腹の状態でがっつりと食べられる場所がいくつか存在します。その中でも日本人オーナーで洋風のレストランを経営しているお店がここWesternです。カウンター席や半個室があり、大人数でも少人数でも気軽にお立ち寄りいただるでしょう。週末には陽気なバンドがお店を盛り上げてくれ、記念にカウボーイスタイルでの撮影もできます。セブ島に来た記念に一枚も素敵ですね。Westernでは日本人らしい気遣いでステーキのサイズを選べますので、女性のお客さまも安心して利用できるサービスもあり。マクタンでお店に迷った際にはぜひお試しください。※Wi-Fi完備。ダイビングショップbluewaterから徒歩30秒。

    Read more
  • バンタヤン島

    セブ島の北端から格安フェリーで1時間で到着する島、バンタヤン島。セブの近隣の島ではボラカイの海が美しいと有名ですが、飛行機を使わずに美しい海を見られる場所がこのバンタヤン島です。セブ島で食べる多くのシーフードはバンタヤン島から仕入れているといわれている程、新鮮でおいしいシーフードが食べられる島でもあります。お安めのリゾートもいくつか点在しており、身軽に水着とビーチサンダルを持ってふらっと訪れることも可能です。島はバイクレンタルをすれば半日で1周できる面積で、1~2泊で友人やご家族、カップルでご旅行するのにおすすめです。

    Read more
  • シキホール島

    黒魔術師伝説で知られる美しい海と緑の島、シキホール島。シキホール島には空港はないので、ボホール島やドゥマゲテ島からフェリーに乗って向かいます。フェリーを降りると港の近くに広がるビーチが訪れる人々を暖かく迎えてくれます。島ではバイクをレンタルして移動するのが基本です。薬草の島としても有名で、治療のために薬草を作る呪術師のもとにやってくる観光客もいます。恋の薬(ラブポーション)やヒーリングオイルなどを実際に山の上に住む呪術師から購入してみました!ラブポーションは、愛を呼び寄せるための薬という意味合いより、商売繁盛にも効果的だとか!島には、ホタルが宿る木や樹齢400年の木、美しすぎるビーチなど秘境の数々がある不思議な島です。

    Read more
  • ドゥマゲテ

    セブ島のとなり島ネグロス島の最南端に位置する、フィリピンで最も愛にあふれる街ドゥマゲテ。The city of gentle people(紳士の街)と呼ばれるほど、人が温かく治安のいい街です。セブシティからは飛行機と、バスと、フェリーのルートがあります。飛行機では30分、バス(セブ島の南端でフェリーに乗り替えます)・フェリーでは、それぞれ6時間ほどの時間がかかります。ドゥマゲテの魅力は、人と食べ物でした。シリマン大学という名門私立大学を中心に学園都市として栄えるドゥマゲテ。フィリピンでは珍しいプロテスタント系の大学で、自由な校風を重んじているためか、街全体暖かい雰囲気なのでしょうか。中心地を歩いているとおしゃれなカフェやレストラン、バーがたくさんあり、セブに比べると、味も雰囲気も値段もハズレがありませんでした。夜になると、港から街の方へ伸びる海外沿いのボードウォークが美しくライトアップされ、出店が出るのでドゥマゲテらしい夜市の雰囲気を楽しむことができます。

    Read more
  • カルボンマーケット

    セブ島のガイドブックには必ず載っている市場、カルボンマーケット。肉・魚・野菜・果物から花や生活用品など、生活に必要なものは何でも揃います。セブのダウンタウンに位置していて、カルボンマーケットは特に軽犯罪が非常に多い場所ですので、外国人が一人で歩いたり、夜に行くのは危険です。カメラなどを向けたくなりますが、マーケットに行くときは貴重品を持たず、細心の注意を払って歩きましょう。マーケットで売られているものは、とても新鮮で、スーパーの半額程度の値段で手に入る物もあります。また、スーパーでは見かけないような野菜や果物も見ることが出来ます。サントニーニョ教会やサンペドロ要塞から徒歩の距離にあるので、自炊のできる学校に通われている方は一度買い物に来てみても面白いかもしれません。タクシーと交渉して、マーケット内をタクシーで移動するのが安全です。

    Read more
  • Feel at HOME

    高級ビレッジ内にある日本人オーナーのシェアハウス”Feel at Home”です。 24時間警備員が在駐・セブでも快適な高速Wifi環境・エアコンやドライヤー、温水シャワーなど日本人が求めるアメニティー類を取り揃えています。安全で綺麗なビレッジ内は、安心してジョギングなどのエクササイズをしていただけます。ビレッジの周辺のこと、セブの旅行のこと、安全のことなど、フレンドリーなシェアメイトに相談できるのも魅力のひとつ! 時々、セブにいる日本人をお招きしてBBQなどを開催することも。

    Read more
  • モアルボアル

    南北に細く伸びるセブ島の西側を90km南下すると、美しく輝く白い砂浜(ホワイトサンズ)とウミガメが見れるでダイブスポットとしてその名を知られるモアルボアルに到着します。国内外から観光客やダイバーが集まり、一年中賑わっています。ガイドブックなどで見るようなホワイトサンズの綺麗なセブのザ・ビーチを堪能したい方には非常にオススメのビーチです。ウミガメの他、イルカ、ジンベエザメ、ニタリサメなどの大物と言われる海中生物に出会えるので世界中のダイバーに愛されています。日本人にも南部・北部に旅行をするときは、サウスバスターミナルから公共のバスに乗るか、セブからバンや車をチャーターして移動します。

    Read more
  • トップス

    セブシティ、マクタン島、ボホール島とその他周辺の小さな島々まで眺めることができる絶景スポット”トップス”。JYスクエアモールからタクシーで30分ほど山を登ると到着します。トップスまで行くとタクシードライバーは帰りに客を見つけることができないので、通常のメーター料金ではなく、トップスにいる間はタクシーに待ってもらい往復で交渉してみる必要があります。坂道でガソリンを消費するので往復で1000〜1500ペソで交渉をしてみてください。その他、バイクの後ろに乗るバイクタクシーに乗れば、往復一人あたり120〜200ペソで交渉できますが、山道をスピードを上げてバイクで走るのは危険なのであまりオススメできません。 トップスに到着して入場料の100ペソを支払うと、中に入ることが出来ます。トップスには軽食やビールを提供しているお店があります。24時間営業していますが山の中に沈むサンセットと夜景を見ることができるので、夕方に行くことをオススメします。

    Read more
  • ツマログ滝

    ジンベイザメで有名なセブ南部のオスロブに位置するツマログ滝。ジンベイザメを見にオスロブへ行った帰りにオマケでこの滝に寄る方が多いです。入場料は、20ペソ(約56円:2015年9月現在)でした。滝の入口には小さな看板しかないので、見逃して通りすぎてしまわないようにチャーターした車のドライバーに「ツマログ滝に行きたい」と事前に伝えておきましょう。細く自然豊かな道を抜けると、フレッシュなココナッツをその場で切ってもらって食べることができるフルーツスタンドもあり、その先に入場料を払う場所があります。急勾配の坂を有料のバイクもしくは徒歩で下ると滝が見えます。滝は時間が止まっているのではないかと錯覚させるほど幻想的で、マイナスイオンが日頃の疲れを吹き飛ばしてくれるでしょう。

    Read more
  • サントニーニョ教会

    セブのガイドブックには必ず載っている、観光必須のサントニーニョ教会。フィリピン最古の教会そしてフィリピンのキリスト教の発祥の地として、フィリピン国内からもたくさんの人が訪れます。誰にもで開かれた教会で、信者でない観光客も歴史のある美しい教会の内部を見ることが出来ます。サントニーニョとは、幼きイエス・キリストのことであり、この教会では、イエス・キリストの幼き姿の像が飾られています。セブシティのダウンタウンに位置し、物売りやストリートチルドレンがいるため、持ち物には気をつけて歩いてください。タクシーのドライバーには「サントニーニョチャーチ」と伝えれば確実に行くことができます。

    Read more
  • 東京オフィス

    6F Kono Bldg. 1-11-11 Nishishinjuku. Shinjuku-ku Tokyo, Japan
  • 運営会社: 株式会社セブ社会人留学
  • セブオフィス

    25 Mahogany St. Green Plains Subdivision, Mandaue City. Cebu, Philippines