05058095428

CALL US

セブ島にて29日間以上の滞在する場合、観光ビザの更新をイミグレーションで行う必要があります。
セブ市内のイミグレーションオフィスはA.S.Fortuna通りに面するJセンターモール内にあり、平日の8時半~18時に手続きを行うことができます。そこではビザの更新や2ヶ月以上滞在する外国人が発行する必要のある証明書のACR-iカードの発行も行っています。手続きには通常1時間~3時間を要し、海外に在住することの大変さを垣間見る場所でもあり、貴重な経験のひとつといえるかもしれません。語学学校に滞在している場合、通常は学校スタッフが代理で行うことが多いので、学校側に任せておけば問題ありません。日本在住の外国人も日本ではこの手続きを行っていると思うと、自国以外で暮らす事によってこうした視点も与えてくれることが、語学留学での長期滞在の醍醐味のひとつかもしれません。

Related Posts

  • ジムやプールの他にヨガスタジオまで!施設充実の学校は増加中

    日々のワークアウトを大事にする人が増えるにつれ、セブの語学学校でもジムやプールなどの校内設備が充実していたり、また外部のホテルやジムと提携して生徒が使用できるようにする学校が増えています。2−3日の旅行と違い、長期で海外生活をする留学では、体調管理も快適に勉強するための重要な要素。いつものワークアウトが可能な環境だと心身ともに快調でいられます。 最近ではワークアウトの時間も組み込んだ学習コースなども出てきて、女性に人気です

  • ベビーシッターさんも含めた親子留学プランもあり♪

    「小学生の子どもと一緒に授業を受けたいけれど、下の子どもを見てくれる人がいなくて…」。そんなご相談もよくあります。フィリピンではベビーシッターサービスはとても一般的で、留学期間中ベビーシッターも併せて依頼する親子留学のプランもあります。費用の目安は1時間で500円ほど。とはいえ、お子さんによってはママ以外のお世話に慣れていないケースもあるので、依頼の際は事前相談を綿密にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  • 東京オフィス

    6F Kono Bldg. 1-11-11 Nishishinjuku. Shinjuku-ku Tokyo, Japan
  • 運営会社: 株式会社セブ社会人留学
  • セブオフィス

    25 Mahogany St. Green Plains Subdivision, Mandaue City. Cebu, Philippines