05058095428

CALL US

交通

セブの移動手段は主に、タクシーもしくは乗り合いバスのジプニーを利用します。
留学生の場合は安全に歩ける範囲の移動以外は、タクシーの利用をお勧めいたします。他にもユニークな乗り物がたくさんあります。フィリピン初心者の留学生が、試しに乗ってみたい場合は学校の先生か職員に相談してみてください。

非公共交通

タクシー

セブ市内には流しのタクシーが多く走っています。基本料金は40ペソです。しかし、マクタン島のような観光地や郊外への長距離移動は運転手達が行きたがらないため値段交渉が必要です。セブ市からマクタン島のリゾートエリアまでは250-300ペソ(500円~600円)が目安になります。

バイクタクシー

バイクに二人乗りをする形で運転手の後ろに乗るだけのバイクタクシーは、フィリピンでは庶民の足になっています。タクシーよりも安く渋滞に巻き込まれないので、重宝します。

公共交通

ジプニー

ジプニーはフィリピンの一番大衆的な交通機関です。

路線番号があり、市内各所をくまなく走っていますが、バス停はなく乗りたい所で手を挙げて呼び止めて乗り、降りたい時に合図をすれば降ろしてくれます。ガソリン代等の影響で時期により多少変動しますが、基本料金は約7ペソです。
ジプニーは不特定多数が利用する乗り物の為、タクシーに比べれば、スリ等の事件に巻き込まれる可能性が高くなります。夜間は絶対に乗らないでください。また、一人での利用も距離を問わずご遠慮ください。

トライシクル

フィリピンでは、「トライシクル」と呼ばれる三輪タクシーが大量に走っていて、庶民の足として利用されている。定員は運転手を含め4人-7人程度で、大きなバス停の近くにトライシクルのターミナルが設けられていて、満員になると発車する。ルートを巡回する運行形態の場合、乗合料金は13.5ペソ/人で、貸切直行タイプは往路で60ペソ、復路で50ペソである(いずれもマニラ近郊)[要出典]。100cc程度の小型オートバイを改造した三輪自動車や、屋根付のサイドカーが利用されているほか、自転車に側車を取り付けたトライシクルもある。

バス

主に、オスロブやモアルボアルなど、セブ島の郊外に旅行にいくときなどに利用します。ダウンタウンに位置するサウスバスターミナルより発車する黄色い大型バスです。エアコンの付いていないバス、エアコン付きのバス、Wi-Fi付きのバスがあります。公共交通機関なので、防犯対策をしっかりとしてください。時刻表はありますが、満席になれば早めに出発することもあれば、大幅に遅れることもあるので注意してください。

  • 東京オフィス

    6F Kono Bldg. 1-11-11 Nishishinjuku. Shinjuku-ku Tokyo, Japan
  • 運営会社: 株式会社セブ社会人留学
  • セブオフィス

    25 Mahogany St. Green Plains Subdivision, Mandaue City. Cebu, Philippines