05058095428

CALL US

親子&Kids留学
 \  親子&Kids留学

2020年英語教育改革を見すえた”親子留学””Kids 留学”が急増中

2020年に予定されている英語教育改革。「読む・聞く・書く・話す」ができるよう、小学校~大学までカリキュラムは大きく変更。親御さんの意識が高まっています。

「英語を英語で学ぶ」と言うこれからの方針に、フィリピン留学はぴったり。やさしい先生や友達と一緒に、英語の海にドブンと入って、楽しく自然に英語を身につけちゃいましょう♪

PICK UP!最新おすすめコース

  • キッズの年齢別に”Learn”と”Play”を組み合わせたカリキュラムで英語を楽しむ

    小さいほど英語への抵抗は少ない♪ 英語=楽しい!をイメージできるレッスン 来たる時代を見据えて、お子さんに早くから英語に親しんでほしい、そんなお母さん、お父さんに人気なのがセブ島での「親子留学」。綺麗な英語が身につくのはもちろん、特筆すべきはフィリピン人先生の、そのホスピタリティ💛。楽しみ上手で特に子どもが大好きなフィリピン人の先生方は、子どもの気持ちを掴むのがとっても上手。「すごいね」「できるよ」と励ましながら子どもをその気にさせてくれるので、お子さんは楽しんでいるうちに英語に自信がつき、英語で話すことがとっても好きになります。   3歳から可能な『Howdy』親子留学コースは 帰国後の保育の仕方まで考えられたアプローチ とはいえ、短期留学は限られた時間。セブで英語が上手になったあと、日本に戻ってからもキープしてそれを伸ばしていくことが必要です。『Howdy』の親子留学はそこにポイントが置かれたカリキュラム。3歳〜6歳の小さいお子さんにはグループレッスンの他に英語保育を行い、お母さんが一緒に体験することが可能です。プロの先生がどうやって子供に楽しく英語を身につけさせるかをぜひ親御さんも学習していってください♪(※6歳以上のお子さんの場合は別々のレッスンでお互いしっかりレベルアップできます)   Howdyの学校紹介ページへ

    もっと見る

よくある質問

休憩時間に広場で走り回れたり、子ども同士大きな声で笑いあえたり。そんな時間が子どもに”英語=楽しい”とインプットしてくれます。だからこそ留学先は、子どもの受け入れに積極的な学校を選ぶのがポイント。 プールや広場など施設が充実した少し大きめの学校、またはお散歩などがしやすいビレッジの中にある学校、少し田舎の学校などもキッズの留学には狙い目です。

「子どもを留学させたいけど、仕事を休めないなー…」そんなお悩みを解消してくれるのが、夏休みや春休みに開催されるジュニアキャンプ。15歳未満の単独渡航に必要な大使館への事前手続きサポートや空港からのアテンドなどを含めたコースなら、キッズも親御さんも安心。人気のコースは意外と早く埋まってしまうので、休みが始まる2~3ヶ月前には予約を。

「小学生の子どもと一緒に授業を受けたいけれど、下の子どもを見てくれる人がいなくて…」。そんなご相談もよくあります。フィリピンではベビーシッターサービスはとても一般的で、留学期間中ベビーシッターも併せて依頼する親子留学のプランもあります。費用の目安は1時間で500円ほど。とはいえ、お子さんによってはママ以外のお世話に慣れていないケースもあるので、依頼の際は事前相談を綿密にしましょう。

親子&Kids留学におすすめの学校紹介

  • 東京オフィス

    6F Kono Bldg. 1-11-11 Nishishinjuku. Shinjuku-ku Tokyo, Japan
  • 運営会社: 株式会社セブ社会人留学
  • セブオフィス

    25 Mahogany St. Green Plains Subdivision, Mandaue City. Cebu, Philippines